商品案内

当社が取り扱っている、商品ラインナップの一部はこちらです。
掲載している商品以外にも多数取り扱い商品がございますので、遠慮なくお問い合わせください。
何卒宜しくお願い致します。

豆類一覧

小豆

<主な産地>
国外では、中国・オーストラリア・カナダ・アメリカ・南アメリカ諸国などで、中国は中国内での消費量が増えているものの、その他の地域では主に日本向けの輸出用に栽培されています。日本での主産地は北海道であり国内生産量のおよそ8割を占めています。大納言小豆も主産地北海道ですが、兵庫県・京都府で栽培されている「丹波大納言」は大粒で種皮も赤く高級品として取引されています。

<主な食べられ方>
小豆はあんに使われることがもっとも多く、その他甘納豆や羊羹、汁粉などの和菓子原料や、冷菓、菓子パン、ゆであずきなどに利用されています。
日本では、昔から小豆の赤い色は縁起がいいと考えられ、各種のお祝いに赤飯は欠かせません。小正月に小豆粥を食べて厄除け、その年の健康を祈願するという風習などが全国に残っています。

<成分の目安>
熱量:約330kcal/100g、炭水化物:約60%、タンパク質:約20%、水分:約10%、灰分:約4%、繊維:約8%。必須アミノ酸、食物繊維、鉄分、ポリフェノール、カリウム、ビタミンB₁・B₂、さらに、水分の代謝を高めむくみをとり、皮膚の炎症を抑える効果のある小豆サポニンなど、美容と健康の味方となる成分を豊富に含んでいます。

手亡豆

<主な産地>
手亡豆の世界的な主産地は中国、カナダ、アメリカなどで、日本では主に北海道で生産されています。

<主な食べられ方>
手亡をはじめとする白インゲンマメは諸外国においては日常の料理に使われていることが多く、煮込み料理などに用いられています。日本ではその美しい白色を生かして主に白餡の原料として使用されています。豆の風味が強く、粒子が細かいため、小豆に比べるとなめらかな餡になります。
手亡豆は、豆の大きさで大手亡・中手亡・小手亡と区別されてきましたが、現在では主に大手亡が生産されています。

金時豆

<主な産地>
金時豆は北海道の十勝地方を主産地として栽培されています。

<主な食べられ方>
大粒で赤紫色が美しい金時豆は手亡豆と同じくインゲンマメの一種で、元はアメリカから導入されました。以前は甘納豆用として多く使われてきた金時豆ですが、近ごろでは煮豆の原料として使われることが多くなってきました。甘い煮豆や茹でてレトルトパックになったもの、缶詰、乾燥豆で小袋に入ったものなどが流通しています。金時豆はそのまま煮ただけでもジャガイモやカボチャのようなホクホクした食感で、サラダにして食べても美味しい豆です。かき氷の「宇治金時」はもともとは金時豆でつくられた餡が使われていたためこの名前で呼ばれていましたが、現在ではほとんど小豆の粒あんが使われています。

大豆

<主な産地>
世界的にみた大豆の主な産地はアメリカ・中国・ブラジル・アルゼンチンなどです、日本国内では、北海道・東北・九州などです。

<主な食べられ方>
大豆は日本では古来よりタンパク質の供給源として独自の発展をしてきました。粒をそのまま煮豆や煎り豆にしたり、豆腐・納豆・油揚げ・がんもどきなど様々な食品に加工したり、発酵させみそやしょうゆなどの調味料にしたりと毎日の食卓に欠かせない食品です。
 古くから大豆は多くの優れた特性をもつことが知られ、タンパク源として大切な食品として食べられてきただけでなく、神聖化され病気治療の祈願や、厄払い、占いなどに用いられてきました。節分時に豆をまき年の数より一つだけ多く食べその年の幸運を祈願したり、豆殻を家の周りにまいて厄除けを行うといった風習が各地に残っています。

<成分の目安>
熱量:約420kcal/100g、タンパク質:約35%、炭水化物:約28%、脂質:約19%、水分:約13%、灰分:約5%、繊維質:約4%。ビタミン類、鉄分、カルシウム、必須アミノ酸や、コレステロールの抑制に効果があるサポニン、新陳代謝を促進する作用があるレシチン、骨粗しょう症や更年期障害に予防効果のあるイソフラボンなど良質な栄養素を豊富に含んでいます。

赤ささげ

<主な産地>
ささげは世界各地で幅広く栽培されている豆で、その品種も多岐にわたります。日本では主に関東以南の暖地で栽培され、国内栽培が盛んでしたが、現在は減少しており、主に中国やタイから輸入されています。

<主な食べられ方>
関東地方では小豆に代わって赤飯に用いられています。これは、武家社会の時代、皮の破れやすい小豆は腹が切れるといわれ切腹を連想され嫌われたため、皮の切れにくいささげが用いられるようになったといわれています。秋田県では、てんこ小豆と呼ばれる黒ささげを伝統的に栽培しており、吉事だけでなく法事やお盆などでも黒ささげを用いた赤飯を作る風習が残っています。

<成分の目安>
熱量:約340kcal/100g、炭水化物:約60%、タンパク質:約23%、水分:約12%、繊維:約9%、灰分:約3%、脂質:約2%。ビタミン類ではB₁・B₂が多いのが特徴です。

竹小豆

<主な産地>
竹小豆はインドで栽培化されましたが、日本にはタイ、ミャンマー、中国から主として輸入されていて、日本国内ではほとんど栽培はされていません。

<主な食べられ方>
竹小豆は大きく赤系と白系の2つに分かれていて、日本では餡や水羊羹の原料として使われています。小豆と混ぜて使われることで、小豆100%のときとは違った味わいの和菓子を作るうえで重宝されています。アジア諸国では、米の代わりとしてもしくは米と一緒に煮て食べたり、もやしとして食べられたりしています。

<成分の目安>
熱量:約350kcal/100g、炭水化物:約60%、タンパク質:約22%、水分:約13%、繊維:約5%、灰分:約3%、脂質:約1%。

ライマビーン

<主な産地>
インゲンマメの一種で原産は南米であると言われています。現在では、世界各地で栽培され、品種も増加していますが、日本に多く輸入されているものはアメリカ産のラージライマビーンとベビーライマビーン、ミャンマー産のバタービーンと呼ばれる白系の品種となります。アメリカで栽培されるベビーライマビーンの6割以上が輸出されていて、そのほとんどが日本向けです。ミャンマー産のバタービーンも栽培されているうちの多くが日本向けに輸出されています。

<主な食べられ方>
ライマビーンには体内で毒素のある青酸(シアン化合物)に分解される青酸配糖体を含むものがあります。そのため日本ではシアン化合物の検出される豆は生あんの原料以外には使用してはならないと定められ、シアン化合物を含有する豆類を原料として生餡を製造する場合にはその方法も定められています。そのため、海外では乾燥豆の状態で販売されていますが、日本ではシアン化合物を含有するライマビーンは一般に流通せず、製餡業者しか買うことのできない豆となっています。しかし、ライマビーンは十分に水浸け、あく抜き、煮沸、水さらしを行って有毒成分を除いて生餡にされ、日本での白餡の原料としては多く使われている豆ですので、知らないうちに口にしていることがあるかもしれません。

グレートノーザンビーン

<主な産地>
アメリカで栽培される中粒の白インゲンマメです。

<主な食べられ方>
アメリカでは乾燥豆の状態で袋詰めされたものや、水煮されて缶詰になったものが一般的に流通しており、グレートノーザンビーンを豚肉とともにトマトで煮込んだポークビーンズをはじめ、豆のスープやシチュー、ビーンズサラダなど様々な料理に使われています。日本に輸入されたものは、乾燥豆の状態で各国の専門料理店に卸され、各国の料理に使われたり、水煮したものを缶詰として利用したり、白餡の原料などにも使用されています。

<成分の目安>
熱量:約340kcal/100g、炭水化物:約62%、タンパク質:約22%、水分:約10%、繊維:約4%、灰分:約4%、脂質:約1%。

アルビアビーン

<主な産地>
アルゼンチン

<主な食べられ方>
スペイン語で「POROTO ALUBIA」通称「豆の女王」とよばれている白インゲンマメです。原産地の南米地域では肉と一緒に煮込み料理に使われるほか、サラダやスープ、つけ合わせなどさまざまな形で食卓にのぼり、タンパク源として日常に欠かすことのできない食材となっています。見た目も美しくとても美味しい豆ですが、日本の輸入量はあまり多くありません。主に南米食品を扱う商店などでは乾燥豆を購入することができるほか、水煮にして缶詰にしたり、白あんの原料として使用されたりしています。
アルゼンチンは南米地域の中でブラジルについで豆の生産量第二位を誇り、白インゲンマメの代表的な品種がこのアルビアビーンです。自国で消費されるほか、スペインやイタリアといったヨーロッパ諸国やアメリカ、ブラジルなどに多く輸出されています。

<成分の目安>
熱量:約350kcal/100g、炭水化物:約57%、タンパク質:約23%、水分:約11%、繊維:約4%、灰分:約4%、脂質:約1%。

青エンドウ

<主な産地>
青エンドウの主な産地は、ロシア、中国、カナダ、ニュージーランドなどです。日本では、北海道で主に栽培されていますが、年々生産量が減少していて、消費量のほとんどを輸入品に頼っている状況です。

<主な食べられ方>
青エンドウは煎り豆やフライビーン、近ごろは粉末にしてスナックの原料としても多く使われています。また、甘納豆やうぐいすあんなど甘くして用いられたり、塩茹でにしてそのまま食べても美味しく食べられるので料理の彩りにしたりとさまざまな料理に用いることができます。

<成分の目安>
熱量:約350kcal/100g、炭水化物:約60%、タンパク質:約22%、水分:約13%、繊維:約5%、灰分:約2%、脂質:約2%。ビタミンC、B₁、B₂、カロチン、食物繊維、カリウム、鉄分といった栄養素が豊富に含まれています。

ソラマメ

<主な産地>
ソラマメは乾燥したものは蚕豆と書かれ、その名の由来は莢が直立するように空に向かって伸びる為とさやの形が蚕に似ている為と言われています。蚕豆は中国で多く栽培され、その他、オーストラリアやヨーロッパ、南米など世界各地で栽培されています。日本でも以前は量も多く栽培をしていましたが、年々減少し現在の栽培量はとても少なく、ほとんどを輸入品によって賄っています。

<主な食べられ方>
日本では蚕豆は煮豆や煎り豆、餡やフライビーンなどの原料に用いられます。主産地である中国ではみそやしょうゆに用いられ、四川では特有の調味料である豆板醤の原料に蚕豆を用いており、蒸した蚕豆に唐辛子を加えて発酵させて作られます。

<成分の目安>
熱量:約340kcal/100g、炭水化物:約55%、タンパク質:約25%、水分:約10%、繊維:約6%、灰分:約3%。ビタミンB₁、B₂、C、鉄分やカルシウムといった栄養素を多く含みます。

緑豆

<主な産地>
原産はインドとされており、3千年以上も昔から栽培され、今日でも日常的な食材のひとつとなっています。主産地は中国で、日本では殆ど栽培されておらず、流通しているもののほとんどが中国からの輸入品です。

<主な食べられ方>
主産地の中国では、お粥にいれたり、餡やアイスの原料としたり、加工品では春雨の原料として使用されています。また、インドではひよこ豆やレンズマメと同様にひき割りにしてスープやカレーなどさまざまな料理に用いられ、日常的な食材のひとつとなっています。
日本においては乾燥豆をそのまま袋売りしている場合もありますが、輸入量の多くはもやしや春雨の原料として使用されています。もやしにすると豆の状態よりもビタミンC、アミラーゼといった栄養素が増えます。

<成分の目安>
熱量:約340kcal/100g、炭水化物:約60%、タンパク質:約24%、水分:約10%、繊維:約4%、灰分:約4%、脂質:約1%。昔は薬として食べられていた豆で、ビタミン、ミネラル、繊維質をバランスよく豊富に含んでいます。

ひよこ豆

<主な産地>
ひよこ豆の主産地はインド、メキシコ、アメリカ、カナダなどです。日本ではひよこ豆は生産されておらず、国内で流通しているものはメキシコ、アメリカ、カナダなどからの輸入品です。

<主な食べられ方>
ひよこ豆は栗豆と呼ばれることがあるように、食感が栗に似ていてホクホクしています。主産地のインドではサラダにしたり、ひき割りや粉末にされカレーやスープにして食べられています。日本でも近頃では袋入りで販売されているのを目にする機会も増え、煮豆や煎り豆、サラダ、スープ、カレーなどさまざまな料理で食べられるようになってきました。

<成分の目安>
熱量:約360kcal/100g、炭水化物:約60%、タンパク質:約20%、水分:約10%、脂質:約5%、灰分:約3%、繊維:約2%。カルシウム、リン、鉄分といったミネラル分を豊富に含んでいます。

レンズ豆

<主な産地>
レンズマメの主産地はインド、トルコ、カナダ、アメリカなどです。日本での生産はほとんど行っておらず、流通しているものはそのほとんどが輸入品です。

<主な食べられ方>
レンズマメは形が凸レンズに似ていて平たく、ヒラマメともよばれており、水漬けせず直接煮ても短時間で火が通ります。レンズマメは皮つきのものの他、皮むき加工したものも流通しています。火が通りやすいので、そのままスープやカレー、煮込み料理、塩茹でしてサラダにしたりと手軽に調理できます。主産地のインドでは、ひき割りにしてお粥にしたり、製粉して小麦粉などと混ぜて焼いたりと様々な料理で食されています。

<成分の目安>
熱量:約350kcal/100g、炭水化物:約61%、タンパク質:約23%、水分:約11%、繊維:約4%、灰分:約3%。乾燥食用豆のなかでは、最も高い栄養効果がある豆といわれ、ミネラル、ビタミン、繊維質、特に鉄分とリンを多く含む。